• 香気高く滋味深い味わい
  • 香り豊かで芳醇な味わい 贅沢なひとときを近江茶で
  • 手間ひまかけて育て上げた極上の味わいを
  • 自然豊かな近江の地より
  • あの人を想う気持ちに寄り添う

日本一古い歴史を持つお茶
近江茶

近江茶の歴史と発展

滋賀県は日本茶発祥の地として知られています。西暦805年に最澄が中国から持ち帰ったチャの種を、比叡山麓と朝宮の宮尻の地(甲賀市)に植えたことが始まりと言われています。これは静岡や宇治でお茶栽培が始まるより400年も前のことです。朝宮のお茶は古くから定評があり、歴代の天皇にも献上されてきました。

朝宮は、標高400m前後の山間部で、昼夜の気温差が大きく、霧がよく発生するという日本でも有数のお茶の栽培に適した土地です。朝宮で採れるお茶は香り高くて気品があり、これは朝宮でなければ出すことのできない風味であると言われています。また農林水産大臣賞を何度も受賞しており、日本5大銘茶の一つとして数えられています。最高級のお茶は今なお手摘みで摘まれています。

土山(甲賀市)は滋賀県で一番生産量が多いお茶の産地です。土山は朝宮の東に位置し、県内最大の茶畑面積を有します。栽培が始まったのは1300年代で、本格化したのは江戸時代になってからです。近年では機械化が進み、多くのお茶の生産が可能になりました。土山ではかぶせ茶の生産が盛んで、品質にも定評があります。土山茶は「土山茶「近江茶」として販売される他、「宇治茶」の原料としても用いられています。

その他にも、水口茶(甲賀市)、北山茶(日野町)など、滋賀には歴史あるお茶の産地がいくつもあります。滋賀県で古来よりお茶の生産が続いてきたのは、適した風土と気候はもちろんのこと、先代たちのたゆまぬ努力の賜物であると言えるでしょう。