TOP > 番茶とほうじ茶の違い
header
番茶とほうじ茶の違い
img 番茶とほうじ茶が混同されることがあります。両者の違いは何でしょうか。

番茶には明確な定義はありませんが、日本茶業中央会によると「質の劣るお茶、家庭で消費する日常的に飲むお茶、日本各地で根付いた日本茶の呼び方」などを指すと言われています。

「番茶」の由来には、番外茶が縮まって番茶になった説、晩茶(最後に摘むお茶)から来ているという説など諸説あります。これらに共通して言えるのは、一般的な煎茶より質の劣るお茶であることです。

しかし地方によっては煎茶やほうじ茶を番茶というところもあり、一概に質の劣るお茶を指しているとも言えません。いろいろな意味を持つお茶が番茶なのです。

対して「ほうじ茶」は、煎茶や番茶を強火で炒って香ばしい香りを出したお茶で、定義がはっきりしています。北海道や東北では、このほうじ茶を番茶と呼ぶところもあるようです。

番茶は上記の通り地域によって認識にバラつきがあるので、お茶の色が緑色だったり茶色だったりします。

この茶色のお茶がほうじ茶の色と似ており、ややこしくなったようです。

しかし両者の区別は簡単で、焙煎による香ばしい香りがするものがほうじ茶で、番茶(ここでは番外茶を指します)は特に香りは強くありません。

ちなみに番茶と言えば「鬼も十八番茶も出花」ということわざがありますが、これは番茶も淹れたてはおいしいという意味と掛けて、どんな女性でも娘盛りは美しいというたとえです。

他人に対するほめ言葉ではないので使う際には気を付けましょう。